所得税法 1年目

全国統一公開模擬試験の結果が来た

大原の全統模試の結果が届きました。

成績

出来は・・・こんな感じ↓

 

うん。そうだよね。
これが自分の実力。

計算

計算は思ったより点数が良くて、平均超えました。
初めてかもしれない。少なくとも、答練期では初めて。
これはポジティブなこと。

計算の3割ラインまでは、あと2点。
源泉分離課税を正解して、生命保険料控除での電卓ミスをなくせば、2点確保できたなと。
源泉分離課税間違えるってヤバイですよね。これ間違えて、他のどこで点数拾えるのか、という話で。簿記論でいうところの、賞与引当金間違えたみたいな感じなのかな。

理論

理論は、3割ラインまであと17点必要。倍の点数が必要ということかぁ・・。
書ける理論が少ないと、勝負にならないですよね。

時間がなくて、焦って、誤字もひどい。。。
「控除者特別控除」なる新しい所得控除を勝手に作ってしまいました。
それから、「給与所得者の扶養控除等申告所」。
こんな間違いするのかと、自分でびっくりしています。
規定や書類の名前を書き間違えるのは、致命的だけど、
でも、本試験こそこういうこと無意識にやってしまうのではないかと。

本試験に向けて

覚えていない理論が出た時点で、不合格確定。
だから、一つでも多くの理論を書けるようにしなくては。

そして、もし覚えた理論が出題されたとしても、計算に時間を使いすぎて理論を書く時間が足りないから、不合格になってしまう。
応用期の計算の論点をもっと定着させて、考える時間を短くしよう。
あとは、難しそうな項目をそれっぽくパパっと書く、みたいなこともやらないと時間を捻出できないと思いました。
読んですぐに理解できない問題は、難しくて正解できないから、時間を割くべきではない。その判断ができるようになれば、それだけで5分か、もしかしたら10分、使える時間が増えるかもしれない。

本試験までの日数も残りわずかですね。
やるべきことは山積みですが、焦っても仕方ないので、落ち着いて取り組もうと思います。

どうかみなさんも、体調気を付けて頑張ってください。
私も、頑張ります!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。