所得税法 1年目

忘れ止め。テキストは自分でまとめ直したほうがよさそう。

応用テキストは、まとめのページがない論点も多い。
まとめるほどのボリュームではないから、ということなのか。
それとも、基礎テキストと比べて重要度が落ちるから、ということなのか。

いずれにせよ、自分の場合は、テキストをまとめる作業をやったほうがいいかもしれない。

まとめページがない論点はもちろん、ある論点もやったほうが、
まとめる過程で頭の中を整理できるだろう。

テキストは重複している情報が多い。
それはそれで、繰り返し触れる機会が多くなるからメリットもあるだろうけど。
細かなところにすぐに気が向いてしまう自分は、重複部分はバッサリ切り捨てて、目に触れる量自体を減らすほうが得策かな。

予備校のカリキュラムは素晴らしいと思うけど、それをただやるだけではダメで、
成績の良い人はやり方を工夫している。
受験が長引く人と早々合格する人との違いは、これなのでは??

勉強のやり方を工夫していれば、簿記や消費税の受験を1年ずつくらい縮められたかも。

とりあえず、ノートまとめがメインになってしまうといけないから、
いったん忘れることとする。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。