所得税法 1年目

ルールを3つ決めてみた!!

先日の読書を踏まえて、勉強のルールを3つ決めてみました。

『勉強法のキホン』を読んでみたこんばんは。 先週の金曜日は仕事をお休みしました。 金~日の三連休の合間に読書をしたところ、良い本との出会いがありましたので、ご...

ルール1 毎日必ず、忘れ止めとしての復習を行う

「忘れ止めとしての復習」というのは、
昨日、一昨日、先週やったような、記憶への定着が薄い学習項目の復習ではなく、
一旦はしっかりと理解して、問題が解けるようになった学習項目の復習です。

具体的に時間とやり方を決めないと、絶対にすぐやらなくなって、ルールの意味がなくなるので、これも決めました。

この忘れ止め復習にかける時間は、計算1時間、理論1時間の計2時間。
計算1時間の内訳は、
テキストとまとめノートの見返し 30分
アウトプット用の単語帳 30分

理論1時間の内訳は、
理サブを見ながら音読 30分×2回
(見なくてもすぐに言える箇所は、見ないで行う)

いったん覚えた学習項目で確実に点数をとることを考えた結果、このようなルールとなりました。

ルール2 勉強時間を記録する

忘れ止め復習を毎日2時間やると決めたので、当然、時間を計らないといけません。
副次的ではありますが、これを2つ目のルールとしました。

実際計ってみたら、おそらく、自分が思っているよりも勉強している時間が少ない、ということが明らかになると思います。

知るのはちょっと怖いのですが、自分の学習時間を正しく把握するのは大事だと思い、やってみることにしました。

あと、よく考えたら(よく考えなくても?)、かかっている時間を把握しないで勉強を効率化するのは無理だと思いました。

ルール3 ルールを定期的に見直す

最後のルールは、ルールを定期的に見直す、というルールです。

実際にやってみて、どうだったのか検討して、
必要に応じて少しずつ変えていこうと思います。

1か月で区切って見直そうか、と思ったのですが。
本試験まで、もう40日をきっています。
2週間後の7月13日に、いったん見直し、あとはそのまま本試験に向かいます。
本試験後のことは、本試験が終わってから考えます。

あとがき

ルール作りを実際にやってみると、考えないといけないことが意外と多いことがわかりました。
例えば、
ルールの粒度をどうするか(大まかなルール、細かなルール?)
期間をどうするか(毎日?期間限定?週末だけ?平日だけ?) などです。

やる前から細かく考えすぎて、結局続かないという失敗を繰り返してきたことを思い出したので、
あまり多くのルールを最初から作らないほうがいいと思って、わりと大まかな3つのルールにしてみました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。