合格のための作戦

理論暗記のための手段を列挙してみる

令和2年所得税法合格に向けては、どれだけ精度を高く数多くの理論を暗記できるかにつきるでしょう。

先日の本試験では、過少申告加算税・無申告加算税が出題されたので、
国税通則法の暗記もしっかりやらなければな、と思っています。

理論暗記の手段は人それぞれ好みもあると思いますが、
手段は多くあっても困らないなと思ったのです。

妻が言った「いろいろ試すと、何が効いたかよくわからないけどうまくいく。」

私に風邪を症状がでたときの話です。

軽い頭痛と、のどの痛みを感じ、そのことを妻に言ったのです。
そしたら。

「手を洗ったの?」
「うがいはちゃんとした?」
「(のどの痛みに効く)シロップを飲んだほうがいい」
「薬を飲まないといけないから、ご飯を食べなきゃ」
「薬を飲んだ?」
「首にネギを巻いたら?w」
「早く寝なさい!!」

などなど。他にも何かあった気がするのですが。
(母親かっ?!)と突っ込みたくなるほどの徹底した対策を施されたのでした。
私がしっかりしないからなのですが。

そして、次の日すっかり私の体調がよくなると、
「いろいろ試すと、何が効いたかよくわからないけどうまくいくのよ。
言ったとおりでしょ?!私の言うことお聞きなさいw」
と、得意げに笑っていました。

ぐっすり寝たことが一番効いてそうだと感じましたが、
睡眠がどの程度体調の回復に寄与したのかはわかりません。
相互に影響しあって効果が出た可能性も十分にありそうなので、
目的の達成のためにいろいろと試してみるのは大事なことだと思いました。

思いついた理論暗記の手段を列挙する

カテゴリー分けせずに、どんどん列挙していきます。
数が重要だからです。似ているものもどんどん挙げていきます。

  • 黙読する
  • 大きな声で音読する
  • ぶつぶつ読む
  • マスクをつけてぶつぶつ言う
  • 耳栓をしてぶつぶつ言う
  • ボイスレコーダーに録音して、聞く。
  • ボイスレコーダー聞きながら、ぶつぶつ言う。
  • ボイスレコーダーを倍速で聞く。
  • 短く、繰り返し聞く。
  • 長めに繰り返して聞く。
  • 短く繰り返して、読む。
  • 長めに繰り返して読む。
  • 手書きする
  • 理サブを見ながら、ワードにタイピングして覚える
  • 何も見ずに、ワードにタイピングしてアウトプットする
  • 暗記用シートを使う
  • 暗記用マーカーを使う
  • 赤字だけ覚える
  • 黒字だけ覚える
  • タイトルだけ覚える
  • 柱だけ覚える
  • 左のページ(又は右のベージ)だけ覚える
  • 理サブの前から暗記する
  • 理サブの後ろから暗記する
  • ランダムに暗記する
  • 理論テキストを読む
  • 理論テキストの要旨を先に覚える
  • ゆるく覚える
  • 一字一句暗記する
  • 一気に覚える
  • 徐々に覚える
  • 図を書く
  • マインドマップの活用
  • 一行で要約する
  • 計算と結び付ける
  • 理サブの中で、同じ理論が書かれている箇所を確認する
  • 似てる規定だけまとめて覚える
  • 違いを明確にして覚える
  • 実務の経験と結び付ける
  • 規定の冒頭部分だけを意識的に覚える
  • 〔1〕だけ覚える
  • 用語の意義だけ覚える
  • 申告要件だけ覚える
  • 除外規定だけ覚える
  • 文言の構造を理解する(対象者、要件、取扱い、なお書き、ただし書き)
  • そこそこの暗記で、理論問題を解いてみる
  • 暗記の精度が高まったら、理論問題を解いてみる
  • 法規集と見比べてみる
  • ミニテストにむけて暗記する
  • 確認テストに向けて暗記する
  • テストの出題範囲を暗記する
  • 出題範囲でなくても暗記する
  • 一理論を繰り返しやる
  • 複数の理論を繰り返しやる
  • 理サブ全体を繰り返し回す
  • 家で暗記する
  • 職場で暗記する
  • 出先で暗記する
  • 覚えにくい理論を重点的にやる
  • 全体を均等に回す
  • 作文できる程度まではやる
  • 出題頻度に応じた暗記をする
  • 理サブをコピーして持ち出す
  • 間違えやすい、忘れやすい個所にだけマーカーをひく

 

ひたすら挙げてみました。
もし、「こんな方法もあるよ」と教えてくださる親切な方がいらしたら、
コメントもらえると嬉しいです。

ある程度、決まったやり方で暗記に取り組んで、
飽きたり、行き詰ったりしたら、適宜違うやり方も取り入れてみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。