合格のための作戦

まとめノートについて2(計算のインプットの方針)

まとめノート作るか、まとめノートを作らずにテキストに情報を集約するか、
検討していましたが、方向性を決めました。

まとめノートについて1本試験直前に、「テキストを自分でまとめ直したほうがいいかもしれないなぁ・・・」 という独り言を書きました。 https://na...

結論としては、テキストに情報を集約するが、必要に応じてまとめノートも作る、ということにしました。

目的意識をもって両方をやることに

すぐに二項対立で考えてしまうのは、私の悪い癖です。
それぞれにメリットがあるのだから、それぞれのメリットを最大限に享受できるように、
目的意識をもって両方をやることにしました。

よく考えたら、まとめノート派の人がテキストを一切見ないかというとそんなことはないと思うし、
テキスト情報集約派がテキストだけでインプットを完結させているかというとそれもないのではないかと思ったのです。

まとめノート派の人も、必要に応じてテキストを読むだろうし、
テキスト情報集約派の人も、必要に応じてテキストの情報を自分でまとめることもあるだろうと。

テキストに情報を集約する

目的:安心感を得るため

わからなくなったらテキストを見れば大丈夫という安心感を得るため。
(逆に言えば、テキストに載っていないこと・書き込まれていないことは容赦なく切り捨て、一切考えない。)

自分でマーカーを引く個所を決める

講師が講義中にマーカーを引く個所の指示をくれますが、
所得税2年生なので、自分で大事だと思ったところ(定着が薄いところ、間違えやすいところ)にマーカーを引くことにします。

マーカーが多いと、大事なポイントがぼやけてしまうからです。
既に記憶に定着している箇所がマーカーによって視界に入ってくると邪魔です。

重複した情報はバツ印を大きくつけて削除する

大原のテキストは、見開きの左のページに文章での説明書きがあり、右のページで図解をするような構成になっています。
つまり、情報が重複している箇所が多くあるので、削除すれば、インプットする情報を減らすことができます。
文章を削除して、図解を残したほうがよさそうだと思っています。(イメージが湧きやすいので。)

それから、まとめページさえ覚えればその論点を網羅できたり、
計算パターンに情報を書き込んで加えるだけで他の文字情報が不要になったりすることがあります。

テキストの情報を意識的に圧縮することを考えて、インプットしていこうと思います。

重要度が低めの情報はカッコでくくる

テキストは繰り返し読んで知識の定着を図ることになりますが、
重要度の高い情報(マーカーが引かれた箇所)は読む頻度を高くします。

重要度の低い情報(カッコくくり)は、読む頻度を低くします。
気分がイマイチ乗らないときに、寝転びながら読むのもいいかなとか考えています。

まとめノートを作る

目的:インプットしやすいように情報を加工するため

テキストをそのまま覚えにくい場合は、まとめノートを作って覚えやすく情報を加工します。
逆に、テキストのままで覚えられるときは、時間と労力の無駄なので、まとめないこととします。

まとめノートはテキストと一緒に綴じる

まとめノートとテキストを別々にしないといけない決まりはないし、
テキストに情報を集約することにしたから、
まとめノートを作ったらテキストに一緒に綴じることにします。

それプラス、作ったまとめノートをコピーして持ち歩いて、隙間時間に見て覚えて、
覚え終わったら、コピーは捨てたらいいかなと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。