所得税法 1年目

合格可能性とこれから本試験までにすることを考える

今年の本試験の合格可能性

0%。

 

願書を出したから、受験することはできる。
でも、受験できるだけで、
このまま本試験を迎えたところで、合格の見込みはない。

交通費と時間と労力をかけて、試験会場に出かけるだけで。
3年前の消費税の試験でそうだったように、
試験の途中であきらめてしまうだろう。

奇跡的にチャンスが巡ってきたときのために

私が考えているチャンスとは、例えば次のような本試験問題。

計算
難易度が高く、正解を出せる箇所が少ない。
ボリュームはやや多め。実力者は頑張れば解ききれるかな?どうかな?位の微妙な量。

理論
個別理論だけの問題。単に覚えているか、暗記精度が高いかどうかだけの問題。

これに加え、問題文の表現が独特で実力者が時間配分を間違ったり、
受験生が勝手に情報を補わないと回答不能な問題が出て、実力者がパニックになったり。

本試験でこのような偶然が重なりに重なって、しかも、私が本試験まで勉強し続けて。
それでようやく、合格可能性は0%から1%に上がるのかなと。

合格可能性を0%→1%に引き上げるためにしなければいけないこと

難しい項目はすべて捨て、最重要項目だけをやる。
確実に正解できる項目を、ひとつづつ増やすしかない。

計算は、実判までを完璧に解けるようにする

答えを覚えてしまうぐらいに。
実判より後の模試は、点数の取りこぼしをなくすことだけ考える。

理論はAランクだけを完璧にする

B、Cランクはいったん捨てる。
Bランクの暗記数積み上げは、Aランクを完璧にしてから。

あとは、模試のための暗記をしないことにする。
模試の範囲をヤマをはって当てたところで意味がない。

模試の結果に一喜一憂しない。
Aランク理論22題を完璧に試験会場に持っていく。