所得税法 1年目

本試験の振り返り【その他編】

今年の本試験も全日程が終了しましたね。
3日目受験生の皆さん、お疲れさまでした!!

前回の記事では、本試験問題と自分の答案について書きましたが、
今回はそれ以外で気づいたことについて書こうと思います。

熱中症対策は本当に大事

ここ5年くらいで、今回の本試験後は一番体調が良いのです。
それは、熱中症対策をしっかりしたからだと思います。

去年、一昨年は特に試験後の体調が悪かったのです。
体が重く、頭がズキズキ痛んでいました。
数日間は、体調がすぐれませんでした。

妻にそのことを言ったら、「それ、熱中症じゃないの?!」
と言われて、そうか、これが熱中症なのかなと思ったのです。
テレビで熱中症のニュースをやっているのを見ても、どこか他人事のように感じていました。

今回の試験後は、体調悪くなりたくなかったので、しっかり準備しました。

2時間ごとに塩分を補給できるタブレットを食べ、
こまめに水分を補給しました。
仙台会場での受験だったのですが、会場の最寄駅の近くにイオンができたので、
そこで涼んで、体力を奪われないようにしました。

それから、試験中にもしっかり水分補給をしました。
ポカリを1本飲み干しました。
開始20分で、喉がカラカラになっていたので、
水分を補給しなかったら、昨年同様頭が痛くなっていたかもしれません。

2時間の試験時間の中で、集中が切れる時間帯が必ずあると思うので、
気持ちを切り替えられるという点でも水分補給したほうが良いと思いました。

来年も熱中症対策をきちんとしようと思いました。
今回は拾えませんでしたが、タクシーでの移動も検討します。

修正テープを用意してよかった

今回の本試験から、修正テープが使えるようになりました。
正直、使わないだろうと思っていたのですが、
用意して良かったです。めちゃくちゃ使いました。

解答用紙がB4からA4になったことにより、
また、解答記載場所が細かく指定されていたことにより、
二重線で消すだけでは対応しきれない書き直しが生じました。

それから、給与所得の計算を違う所得区分の解答欄にうっかり書いてしまうというミスを初めてやらかしました。
この修正も、修正テープがないとできませんでしたので、用意して良かったと思いました。

年1回の貴重な機会

模試で地を這うような成績でしたので、交通費など数万円かけて受験する意味があるのだろうか、受験しないほうがいいのではないかと、思ったこともありました。

でも、受験して良かったと思います。

受験しなかったら、この本試験独特の雰囲気を味わうことはできないし、
次の受験時に前回から2年も期間が空いてしまうことになります。
そしたら、間違いなく、次回の試験では緊張すると思います。

今回受験すると決めたから、本試験に向けて追い込みをかけることができました。
理論の暗記数も、当初から比べれば、精度はともかく、増やすことができました。

通信生で、周りに税理士受験生が誰もいない環境で受験勉強している私にとって、
本試験は生の受験生を目にすることができる、年に1回の貴重な機会です。

ダメもとでも、受験したことは有意義でした。

長いようで短い1年がまた終わった

ということで、今年の本試験を振り返りました。

本試験最終日は、12月31日よりも、年末感が強いのです。私の中では。
だから、今はこの1年間の感謝の気持ちでいっぱいです。

このブログは今年のGWに始めました。
気軽に始めて、飽きたらすぐやめようと思っていたのですが、
思考を整理したり、深めたりするのに役立っています。
これからも続けていきたいと思います。

想像以上に多くの方に見て頂いているようで、驚いています。
出来の悪い受験生の試行錯誤ブログですが、
今後も気が向いたら見てもらえたらうれしいです。

ということで、今年も1年間、ありがとうございました!!

明日から、所得税法2年生です。
そして、税理士試験受験は10年生になります。

ほんっとに、不名誉だ!!!こんなはずじゃなかった!!

でも・・・・・・・・・・・、

来年こそリベンジする!!所得税法、絶対に合格するぞ!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。