所得税法 2年目

各段階の計算にかかった時間をメモして、データをとる

昨日の記事の続きになります。

総合計算問題を最後まで解ききるために、
計算過程の各段階におおよそどれ位の時間がかかるのかを把握しておく必要があります。

自分の答案作成を動画で撮影することもいずれはやってみたいと思いましたが、
すぐに取り組めることから始めてみようと思いました。

答案の右余白に、スタートからの経過時間をメモすることで、各段階にかかった時間をデータとしてとってみようと思います。

次のタイミングでストップウォッチを確認して、経過時間をメモします。

1.素読み終了時
2.3~5以外の所得の金額 の計算完了時
3.譲渡所得の金額 の計算完了時
4.不動産所得の金額 の計算完了時
5.事業所得の金額 の計算完了時
6.課税標準 の計算完了時
7.所得控除額 の計算完了時
8.課税所得金額・納付税額 の計算完了時

ちょっと細かいかな?とも思いましたが、
ちょうど一息入れるタイミングというか、集中力が切れるタイミングなので。
とりあえずこれでやってみて、それぞれにどの程度時間がかかるかを把握してみます。

うっかり書き忘れないように、気を付けないと。。

これをやることで一時的に計算スピードが落ちることも懸念されますが、
時間をトータルで有効活用することは合格に必要不可欠だと思います。

明日の確認テスト5で、早速やってみます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。