税理士試験

【税理士試験総括3】私の心境の変化について

【税理士試験総括3】(最終回)として、税理士受験生活中の私の心境に焦点を合わせて、お話ししたいと思います。
この総括3部作の中で、一番お伝えしたいことでもあります。

一科目目が一番きつかった

5科目合格した中で、私が一番きつかったのは、1科目目の簿記でした。

受験1年目に消費税で惨敗した後、2年目から簿記1科目に絞って勉強しました。
簿記だけで3年かかり、初めて科目合格したとき、税理士受験を始めてから4年が経っていました。

簿記を勉強して、楽しかったのは最初の数か月だけで、あとはずっと辛かった記憶しかありません。
簿記を合格した平成26年、試験後の手ごたえも全く無く、試験結果が届いても中を見ずに捨てようかと思ったくらいです。
どうせ落ちてると思ったものの、開封してみたら合格していました。

結果が不合格だったり、見ずに結果通知書を捨てていたら、私が税理士試験に合格することはありませんでした。

だから、この1科目目の簿記合格は、自分の中では本当にきつく、つらかったんだけど、大きな大きな一歩前進となりました。

税理士試験は競争試験なので、結果が出ずに苦しんでいる受験生もたくさんいるはずです。
0科目でつらい思いをしている受験生には、なんとか1科目取れるまでチャレンジしてもらえたらなと思っています。

そして私は今年、税理士1年生(になる予定)ですが、この1年目が踏ん張りどころです。
この簿記論の経験を生かして、年末に振り返ったときに、大きく成長できたと胸を張れる年にします。

「頑張れ!!」という外野からの声について

私は、令和元年の本試験後にツイッターを始め、日々の勉強の記録などをツイートしていました。
いいねボタン押してくれたり、コメントをくれたりする方がたくさんいて、ブログよりも反応が得やすいSNSはとても刺激的でした。

しかし、令和2年の本試験直前、私はツイッターのアカウントを削除しました。
ツイッターから情報が入ってくるのがつらくなったからです。

他人への最低限の配慮は必要だと思いますが、基本、ツイッターでもブログでのなんでも、自分の都合の良いように使えばよいと思います。

受験仲間が欲しかったら、ツイッターで勉強状況をツイートしていれば、勝手に応援してくれる人が増えていきます。
「頑張れ!」「応援してます!!」って言われて、嬉しくなったら、それを自分の力に変えればよいと思います。

そうしているうちに、人から応援されるのがうざくて耐え難い時期もきっと来ると思います。
(うるせー!!言われなくても頑張ってるわっ!!)
と、人の親切を素直に受け入れられなくなるときもあるかもしれませんが、
そんなときは、ミュートでも、アカウント削除でも、音信不通でもなんでもすればよいと思います。

無理すると、身体もメンタルも持ちません。
自分の気持ちに素直に、自分を一番大切に、自分勝手にわがままに生きてもいいんじゃないかなーと。
そんなことを最近思ったりしています。

ちょっと何を言いたいのか自分でもよくわからなくなってきました。。
勇気を出して自分勝手に生きいく宣言です!!笑 あれ??

ダメならダメなりに本試験当日まで精いっぱいやること

令和元年の所得税法の試験勉強では、初めて「合格する見込みがなくても頑張ること」ができました。
合格したのはたまたまだったのかもしれませんが、「ダメならダメなりに本試験当日まで精いっぱい勉強すること」の大切さを学びました。
そして、それは令和2年の住民税の試験勉強に生かすことができたと思います。試験直前の追い込みを、かなり頑張れました。

何かとあきらめやすい性格の私にとっては、これが税理士受験を通して一番の成長だと思っています。
これからの人生、税理士受験より大変なことが次から次へと起こっていくと思うのですが、
めげずに、前を向いて、ときにはふてくされつつも腐らず、立ち直り、精一杯生きていこうと思っております。

 

・・・ということで、税理士試験総括3部作、以上となります。
長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!!

たぶん、そのうちブログタイトル変わりますが、
ならブログを今後ともよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。