住民税

自分の場合、本試験当日を合格可能性50%で迎えられたら上出来だと思う。

今年8月の本試験で、絶対に住民税に合格したいと思っています。
それはもちろん本心ではあるのですが。
「合格にがっつかない」というのも大事なのではないか、と思っています。

住民税でも模試が本格的に始まりましたが、
「成績はどうでもいいや」という気持ちです。
上位を目指しての準備はしますが。

今の自分の実力だと、模試で上位に食い込んでいくのはかなり厳しいと思います。
・成績が悪くても気持ちを下げない
・地道に弱点をつぶす
これらをきっちりやるのが、今の自分には大事なのではないかと考えています。

模試でいくら成績が良くても、本試験でミスったら意味がありません。
その点では、模試の成績が良くて本試験を迎える「追われる立場」よりも、
模試の成績が悪かったけど一発逆転を狙う「追う立場」の方が、
私の場合はメンタルコンディションが良い状態で本試験を迎えられるのではないか、と思うのです。

税法の合格率が10~14%程度であることを踏まえれば、
合格可能性50%で本試験を迎えることができたら、
それってかなりチャンスがあると言えると思います。

不合格を恐れず、というか、不合格覚悟で、本試験には捨て身で臨むつもりです。
本試験の2時間に思い切りよく力を発揮できるように、
日々の勉強はもちろんですが、気持ちの持ち方にも気をつけていきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。