住民税

OY(思い出してから読む)

最近、理論暗記で取り組んでいるのが、「OY」です。
OYとは、「理論1題につき、5分以内で思い出せるだけ思い出してから、5分程度で記憶への定着が薄い箇所を重点的に読む」方法です。
(私は、理論問題ごと、かつ、日ごとに、どの方法で理論暗記に取り組んだかわかるようにメモをしています。思い出してから読むので、OYと呼ぶことにしたのです。)

ただ理サブを読むよりも、思い出してから読んだほうが、暗記の効果が高く出ると思いました。

計算のテキストの使い方を考えてみると・・・
ただ計算テキストを読むよりも、
計算問題を解いて、間違えたところ、わからなかったところを計算テキストで確認したほうが、おそらく学習効果は高く出るはずです。

理論に置き換えて考えてみたところ
ただ理サブを読むよりも、
「集中して読むべきポイント」を明らかにしてから読んだほうが、暗記の効果が高く出るのではないかと思いました。

集中して読むべきポイントとは、
・覚えていない箇所
・うろ覚えの箇所
・抜かしやすい箇所
・間違えやすい箇所
などです。

集中して読むべきポイントを炙り出してから読むことで、メリハリがついて、
ただ読んだ場合に陥りやすい惰性読みを防止することもできると思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。